17:25 2021年04月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 30
でフォローする

日本政府は新型コロナウイルスの変異株の水際対策として、現在は変異株流行国からの入国者のみに求めている検査や待機の対応を、全ての国からの入国者に広げることを検討している。21日、田村憲久厚生労働大臣がNHKの番組に出演し、この考えを示した。

田村厚生労働大臣は、変異株が流行している欧州などからの入国者にのみ求めている宿泊施設での待機や検査について「すべての国に広げていこうと考えている」と述べた。

日本政府は現在、変異株流行国からの入国者に対し、出国前と入国時、入国後3日目にPCR検査を行っている。現在、こうした水際対策は、英国、ハンガリー、ドイツ、イタリア、フランス、チェコなど24か国に課されている。

田村氏によると、政府は変異株検査の効率を改善したいと考えており、「変異株PCR検査の実施率も40%程度に引き上げる」という。

また、首都圏の緊急事態宣言が解除されるにあたり「解除後もある程度増えると思うが、どこで抑えていくかが大事だ。繁華街や駅などでPCR検査を行い、感染拡大の兆候を見つけ、爆発的な感染をなんとか止めていきたい」と語った。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント