23:38 2021年05月16日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

欧州医薬品庁(EMA)は、ジョンソン・エンド・ジョンソン社製ワクチンの接種を受けた人に血栓症が発症するリスク評価を実施し、同社ワクチンとその接種者に関連し、極めてまれに合併症が生じる可能性について明らかにした。

また、EMAは、新型コロナウイルスおよび重度合併症と死亡の予防に対する同ワクチンのメリットは、合併症のリスクを上回ると強調する。

当局の20日の発表では、「EMAは、非常に稀に発生する血栓症とワクチンの関連を発見した。EMAは、リスクと効果の総体的な相関関係は肯定的なものであると確信している」と述べられた。

EMAの医薬品安全性監視委員会は、米国のワクチン接種者が血栓塞栓性合併症を発症した8例について研究を行なった。同国ではすでに700万人超が接種を受けている。すべての合併症は60歳未満の人にワクチン接種後3週間で発生している。その大半は女性だった。

この間、米食品医薬品局(FDA)と疾病対策予防センター(CDC)は、「予防の観点」からジョンソン・エンド・ジョンソン社の関連製薬企業ヤンセンファーマの新型コロナウイルス用ワクチンの接種を中止することを推奨した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, 欧州連合, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント