12:11 2021年05月06日
新型コロナウイルス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (112)
0 61
でフォローする

アルゼンチンのセシリヤ・ニコリーニ大統領補佐官は、同国がロシア開発のコロナウイルスのワクチン「スプートニクⅤ」を月量400万~500万本生産し、将来は年間5億本まで拡大することを明らかにした。

アルゼンチンのがこれだけ大規模な生産計画を打ち出せる背景には、現在すでにある生産設備の他に新たに建設中の工場施設が来年にも完成する見込みがあるため。

同日、これより前にワクチンの開発、製造を後押しするロシア直接投資基金は、アルゼンチンがラテンアメリカ諸国の中では先駆けて「スプートニクⅤ」の生産を開始したと発表していた。この先、ラテンアメリカ、中米諸国へのワクチン輸出はアルゼンチンから行うことができるようになる。

アルゼンチンで生産される最初のワクチンはまずクオリティコントロールのためにモスクワのガマレヤ研究所へ送られる。ロシア直接投資基金によれば、アルゼンチンでのワクチン生産が全面的に展開されるのは7月から。

4月19日、オーストリア政府は「スプートニクV」を100万回分購入することでロシアと合意した。

4月20日、「スプートニクⅤ」の有効性について、ロシア直接投資基金と開発した国立ガマレヤ研究所は、2段階方式の接種が終了した380万人のデータ分析の結果、97.6%という数値が出たことを明らかにした。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (112)
タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, ロシア, アルゼンチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント