11:37 2021年09月22日
新型コロナウイルス
短縮 URL
新型コロナウイルスの新たな変異種 (65)
0 13
でフォローする

国連のグテーレス事務総長は新型コロナウイルスは最貧国に広く拡大した場合、ワクチンも効き目のない変異体が出現する恐れがあると警告した。グテーレス事務総長は11日、モスクワ訪問を前にロシアのマスコミからの取材に答えた中でこう語った。

グテーレス事務総長はコロナウイルスのワクチンをめぐる各国の状況が、国民の接種を積極的に推し進める国がある一方で全くワクチンを入手できていない国が存在し、開発途上国のワクチン問題には「著しい落差」があるという実態であることに深い憂慮の念を表した。

グテーレス事務総長は「COVID-19が森林火災のように『地球規模での南方』に拡大した場合、南方にはより一層多くの変異体が出現しはじめ、開発されたワクチンでは効き目のないウイルスが出現するリスクがある」と警告を発している。

「これはすなわち、全員に安全が確保されないうちは安全な状態にいられる人は誰もいないということだ」

グテーレス事務総長は同じ取材の中でロシアに勤務する国連職員に対してロシアのワクチン「スプートニクⅤ」を接種するよう呼び掛けた

これより前、世界保健機関(WHO)欧州地域局のハンス・クリューゲ代表もブリーフィングでコロナウイルスの新菌株が猛威を振るう「インドのシナリオ」はどの国においても起こりうると警句を発している

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
新型コロナウイルスの新たな変異種 (65)
タグ
国連, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント