02:46 2021年06月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 17
でフォローする

日本政府は、4日、新型コロナウイルスワクチンの海外への提供をめぐり、接種が遅れているベトナムに対してもワクチンを提供する方向で検討に入った。NHKが報じた。

日本政府は、新型コロナウイルスワクチンの国内での接種に必要な量を上回る分については海外に供給する方針で、4日、台湾にアストラゼネカのワクチン124万回分を提供した

これに続き、日本政府は接種が遅れているベトナムに対しても、ベトナム側からの要請を受けてワクチンを提供する方向で検討に入った

ベトナムでは4月末以降、感染者の増加傾向が続いている。英オックスフォード大学の研究者などによると、ワクチンを少なくとも1回接種した人の割合は、3日の時点で1%余りとなっており、東南アジア諸国連合(ASEAN)の10か国の中で最も低い水準にとどまっている。

日本政府は、早期に届けられるよう、国際的な枠組みは経由せずに直接ベトナム側にワクチンを提供したい考え。早ければ6月中の輸送を目指すという。

ベトナム政府はこれまでに、アストラゼネカ社などが開発したワクチンや、ロシアが開発した「スプートニクV」の緊急使用を承認した。ベトナムは、ASEANの中で唯一中国からワクチンの調達を避けていたが、新型コロナウイルスの感染拡大をうけ4日、中国シノファーム社のワクチンの緊急使用を承認したと発表した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ベトナム, 日本, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント