03:37 2021年08月06日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 411
でフォローする

新型コロナウイルスワクチンを接種していない人が感染した場合、30分の1の確率で死亡する恐れがある。アレルギーと免疫学の学者ウラジーミル・ボリボク氏がロシアの通信社「URA.RU」で語っている。

ボリボク氏は、「新型コロナウイルスの感染力は高く、今日のSARS(重症急性呼吸器症候群)やインフルエンザと比較すると、致死率は100倍高い。(中略)ワクチンを接種していない人が新型コロナに感染した場合、30分の1の確率で死亡することになる」と説明している

同氏は、ワクチン接種は、新型コロナウイルスによる重篤な経過を避けることができるため、このウイルスで死亡する可能性はゼロになると強調した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント