12:09 2021年07月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 13
でフォローする

タイで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者を担当していた看護師が死亡した。タイ赤十字社新興感染症健康科学センターの所長を務めるチュラロンコン大学のティラワット教授が発表した。

看護師は集中治療室で新型コロナの患者を担当していたときにコロナウイルスに感染し、すぐに肺合併症を発症、新型コロナウイルス感染症と診断されてから5日後に死亡した。

ティラワット氏は「(中国の)シノバック製新型コロナウイルスワクチンの接種を2回受けた医療従事者が患者からコロナウイルスに感染したケースは過去にもあったが、これまでは主に軽症であり、COVID-19で死亡した人はいなかった」と語った。

​タイの保健省の報道官は11日、記者団に対し、シノバック製ワクチンの接種を完了した67万人超のうち618人の医療従事者が、ワクチンの有効性の持続期間中にコロナウイルスに感染したことを明らかにした。

報道官はまた、タイ保健省はシノバック製ワクチンをすでに接種した医療従事者に対し、3回目としてアストラゼネカ製またはファイザー製ワクチンの追加接種(ブースター接種)を行う可能性を検討していると発表した。

関連ニュース

タグ
タイ, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント