14:36 2021年09月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 04
でフォローする

オーストリア科学技術研究所の研究チームは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新規変異株について、多くの国でコロナ対策の制限措置が撤廃された後に感染拡大が始まったと発表した。学術雑誌Scientific Reportに研究結果が掲載された。

研究チームは疫学モデルを構築し、突然変異が発生するリスクについて、ワクチンを接種した人口の割合と、感染者閾値の2つの要因に左右されていることを発見した。

研究チームは、人口の大部分(少なくとも60%)がワクチンを接種するべきだとの結論に達した。

また研究チームは、ワクチン接種後もマスクを着用し、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保する必要があることを確認した。研究チームは、世界のワクチン接種速度は異なるため、今日、自由な移動は感染リスクを有しており、新たな危険な変異株が出現する可能性もはらんでいるとの見方を示しており、これを防ぐためには、国際レベルで疫学的制限措置に合意する必要があると指摘している。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント