16:27 2021年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 02
でフォローする

新型コロナ回復後の最初の2週間で危険な心血管疾患の発生リスクが増加する。医学誌『ランセット』がスウェーデンのウメオ大学の研究者らの報告を引用し発表した。

コロナウイルス
© 写真 : Public domain / CDC/ Alissa Eckert, MS; Dan Higgins, MAM
研究者らは、新型コロナ感染者およびコロナに感染はしていないがこうした症状を克服した管理グループの患者で急性心筋梗塞と虚血性脳梗塞の発生頻度を比較した。研究者らは、新型コロナウイルスはこれらの病気の発症リスクを約3倍に引き上げると発表した。この関連性は年齢や性別、社会的経済的要因を考慮した上でも維持された。

研究者らによれば、プロジェクトには8万6742人の患者が協力し、この手の研究としては最大規模となったという。

世界保健機関(WHO)のデータでは、毎年、心血管疾患により1700万人超が亡くなっているという。専門家らは、早期の心筋梗塞と脳卒中の約80%は予防可能だと考えている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント