10:53 2021年09月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 06
でフォローする

日本の厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンの2回接種を終えた65歳以上の高齢者は、未接種の高齢者と比べて新型コロナ感染の死亡率が5分の1になっていると発表した。NHKが伝えている。

同省は、感染者の情報を管理するシステム「ハーシス」のデータを元に、2021年6月に感染した高齢者のワクチン接種回数、死亡者数や死亡率を調査した。

その調査の結果、65歳以上の感染者で未接種だった高齢者の死亡率は4.31%。一方で、65歳以上の感染者で1回接種の死亡率は3.03%、2回接種は0.89%だった。これにより、2回接種の高齢者の死亡率は、未接種の約5分の1になっていることが明らかになった。

この調査結果について、国立感染症研究所長の脇田隆字座長は、ワクチン接種には死亡率を抑える効果があると指摘。しかし、データがまだ少ないため症例を積み重ね、ワクチンの効果をさらに判断する必要があると述べている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ワクチン, 日本, 新型コロナウイルス, 高齢者
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント