20:55 2021年09月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 12
でフォローする

世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルス用ワクチン「Covishield」の偽物がインドとウガンダで発見され、押収されたと発表した。パイオニア紙が報じた。

WHOによると、ワクチン製造業者のインド血清研究が製薬が偽物であることを確認している。

WHOを引用し同紙は、「患者に害が及ぶことを防止するため、流通からこうした偽造品を見つけ、取り除くことが重要だ」と報じた。

WHOは、「こうした事件を防止するための強力なシステム」があるにも関わらず、機関は、市民の誰一人として偽の製薬の接種を受けていないということを保証できないと指摘した。現在、両国政府は状況について正式にコメントしていない。

WHOは、すべての国の病院やヘルスセンター、卸売業者、流通業者、薬局、およびその他のヘルスケア製品のサプライヤーに、コロナウイルス用の製薬の取り扱いに注意するよう呼びかけている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
WHO, インド, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント