23:25 2021年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 80
でフォローする

科学者らによってウイルス感染を防ぐ上で、糖化反応の抑制が有効な戦略となりうることが明らかになった。この研究は、雑誌「eLife」に掲載された。

米国の研究者らは、SARS-CoV-2のSタンパク質の中でウイルスが細胞を認識してから侵入するまでの構造変化をモデル化し、この過程でSタンパク質の表面にある糖鎖が重要な役割を果たしていることを明らかにした。

論文を執筆した1人、ポール・ウィットフォード氏は、「糖鎖がなければ、おそらくウイルス粒子は細胞内に入ることができない。今回の研究で、糖類が(SARS-CoV-2)の感染力を制御の鍵を握ることが明らかになった」と説明している。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント