03:39 2017年07月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 27°C
    モスクワにコスプレーヤーが集まる

    モスクワにコスプレーヤーが集まる

    © Sputnik/ Valeriy Melnikov
    文化
    短縮 URL
    0 2645122

    ロシアの首都モスクワにある文化センター「モスクヴィチ」で25日、26日両日、全ロシア日本文化フェスティバルが開かれている。同フェスティバルに参加するために、ロシア全土からコスプレーヤーたちが集結した。

    コスプレコンテストの優勝者は、日本で開かれるコスプレの国際大会へ出場する。フェスティバルには、カラーウィッグやフワフワの耳をつけたり、様々な衣装に身を包んだ人たちが訪れた。彼らをみると、日本は遠い国ではなく、近くにあることが感じられる。

    例えば、女子学生のアッポリナリヤさんは、日本のアニメの主人公になりきって、裸足で歩いている。主人公の名はマルジェリ。アッポリナリヤさんは、「これが主人公の装いなんです。マルジェリは裸足で歩き、素足で戦います。なぜなら、彼女の体の中で最も強い部分が足だからです」と語っている。

    日本で2014年に開かれた世界コスプレサミットでは、ロシアが優勝した。

    フェスティバル「日の出:アニメ、漫画、コスプレ」の主催者、遠藤伊緒里氏は、「ここには日本のサブカルチャーを支えている人たちが訪れています。私たちは、フェスティバルに本物の日本の伝統的な文化である着物、折り紙、そして日本の太鼓などを加える努力をしました。そして今日も、熱気に溢れた人たちが出場します!」と語った。

    伝統的な「日本のショー」では、太鼓の音の下で、ほぼリズムに乗りながら画家が絵を描いた。画家が描くものを予測するのは不可能だ。画家は、自動車「モスクヴィチ」、そして富士山、その隣に正教会の屋根を描き、最後に色をかえて、昇る太陽、「日の出」を描いた。1枚の紙に異なる文化が描かれ、統一を象徴する作品が出来上がった。

    同時に建物の外では、太鼓の音に合わせて民謡が歌われ、気分が盛り立てられた。そして突然、彼らの頭上に太陽が姿を現し、陽の光が差し込んだ。もちろん、もしかしたら偶然かもしれない。だが、皆の望みが叶ったのかもしれない。なぜなら太鼓は、日本の「魔力」と呼ばれているからだ。

    タグ
    アニメ, 日本関連, モスクワ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント