15:55 2018年08月15日
文化
短縮 URL
122

米ウォルト・ディズニー・スタジオは古典アニメ映画『ライオンキング』を実写化リメイクする意向だと発表。監督はジョン・ファヴロー氏が務める。ディズニーの公式サイトで声明が出された。

ディズニーの報道担当が指摘するところ、『ライオンキング』リメイクの決定は、ほかの同様のプロジェクト『ジャングル・ブック』『マレフィセント』『シンデレラ』の成功や、2017年に公開される『美女と野獣』の成功が期待されていることが基盤にある。

新たな『ライオンキング』はオリジナルのアニメ映画からの歌とメロディーを含んでいる。公開日は今のところ不明。

『ライオンキング』とは、ディズニー映画の中で全世界で最も有名で人気な作品の1つ。1999年には同作品は当時のアニメ映画としては記録的な興行収益である約100万ドルを集めた。とはいえ、同作品の筋の多くは1965年に放送開始した日本のアニメ『ジャングル大帝』からコピーされたものだと断言する批評家もいる。

関連:

ミッキー はサムライ、ミニー は芸者?ディズニーキャラクターが日本の伝統的なスタイルで(写真)
ディズニーの新作映画はミッキーのモスクワ体験
タグ
エンタメ, 映画, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント