01:41 2018年09月22日
ユーリ・シモノフ氏ユーリ・シモノフ氏

日本開催「ロシアの季節」、モスクワフィルハーモニーのコンサートに沿い進行を続ける

© Sputnik / Vladimir Vyatkin © Sputnik / Владимир Вяткин
1 / 2
文化
短縮 URL
日本、「ロシアの季節」初の開催国に (39)
161

ロシア文化省のプロジェクト「ロシアの季節」の枠組みで6月27日、日本では、ユーリ・シモノフ氏を主席指揮者・芸術総監督とするモスクワ国立フィルハーモニック・アカデミー交響楽団の公演がスタートする。有名なこのオーケストラを最初に受け入れるのは川崎市。コンサートのソリストは、日本の突出したバイオリニストの1人である大谷康子氏。曲目には、ロシアの作曲家ボロディンによる歌劇「イーゴリ公」が含まれている。

スプートニク日本

6月28日、オーケストラは東京を訪れ、東京オペラシティ コンサートホールでモーツァルト作の歌劇「ドン・ジョヴァンニ」を演奏する。日本のピアニスト、フジ子・ヘミングがソリストとして参加する。

オーケストラの公演は次の日本の諸都市で行われる。武蔵野(6月29日)、水戸(6月30日)、新潟(7月1日)、福岡(7月5日)、山口(7月7日)、宮崎(7月8日)、大阪(7月9日)、東京(7月2日、7日)。

モスクワフィルハーモニーの今回の日本公演のソリストは、アレクサンドラ・コヌノワ、小林愛美、清塚信也、上原彩子、榎本潤となる。

今年、第1回「ロシアの季節」(ロシアンシーズンズ)フェスティバルの枠組みで、日本42の都市で250以上の大規模な行事が行われる。このフェスティバルには、露日間の緊密なパートナー関係発展の新たな段階という、国家レベルでの特別な意義が与えられている。

現地からの興味深いインタビューレポート、公演情報などは、日本で開催の「ロシアの季節」のパートナー、「スプートニク日本」のサイトからご覧いただけます!

トピック
日本、「ロシアの季節」初の開催国に (39)
タグ
文化, 音楽, 露日関係
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント