13:19 2018年10月17日
数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかる メキシコ

数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかる メキシコ【写真】

© REUTERS / Henry Romero
文化
短縮 URL
320

メキシコシティの中心にあるアステカの寺院、テンプロ・マヨールの発掘調査で、650個の頭蓋骨や、数千個の人間の骨からなる塔が発見された。ロシアメディアが報じた。

スプートニク日本

塔の直径はおよそ6メートル。寺院にある、アステカ神話の太陽神・軍神・狩猟神であるウィツィロポチトリを祀る部屋の隅で発見された。

現在、塔の基盤まで掘り進めるには至っていない。

専門家によると、「スペインの征服者の恐怖を呼び起こした、頭蓋骨からなる迫力ある塔」の情報は、1521年にテノチティトランを征服したスペイン人のコンキスタドール、エルナン・コルテスの時代から残っている。

塔はアステカ文明に普及していた、人間を生贄に捧げる儀式に関係していると見られている。

テンプロ・マヨールは1325年に建てられ、1521年、スペイン人の征服によりほぼ完全に破壊された。

  • 数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかる メキシコ
    数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかる メキシコ
    © REUTERS / Henry Romero
  • 数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかる メキシコ
    数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかる メキシコ
    © REUTERS / Henry Romero
  • 数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかる メキシコ
    数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかる メキシコ
    © REUTERS / Henry Romero
  • 数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかる メキシコ
    数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかる メキシコ
    © REUTERS / Henry Romero
1 / 4
© REUTERS / Henry Romero
数百の頭蓋骨からできたアステカ文明の塔が見つかる メキシコ

先の報道によると、メキシコの考古学者らはアステカ文明の神殿の発掘で「儀式用のサッカー」スタジアムから生贄となって大量埋葬されたプレーヤーの遺体を発見した。

タグ
文化, 歴史, メキシコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント