11:13 2020年11月27日
文化
短縮 URL
0 32
でフォローする

中国でブッダの遺骨が入ったと書かれた陶器の箱が見つかった。

スプートニク日本

箱が見つかったのは中国北西部甘粛省金川区で5年も前のことだった。金川区では仏教寺院の脇で道路の修繕工事が行われ、その際に村人によって偶然発見されていた。

ところがこの箱が5年もたって突然脚光を浴びたのは、デイリーメールによれば、英字雑誌が最近、中国の文化遺産を紹介する記事を掲載してからだという。

​箱に書かれた文面から、これが埋められたのは1013年で、箱の中に入れられたブッダの火葬された遺骨と歯は、20年間にもわたって河北省の隆興寺のユンジヤンとジミンというふたりの仏僧によって、さまざまな地域で集められたものであることがわかった。

関連ニュース

頭のないヒキガエル 古代遺跡で発掘 エルサレム

ロシアで5万年前のホラアナライオンの子 理想的な状態で発見

タグ
仏教, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント