21:16 2020年08月04日
文化
短縮 URL
0 70
でフォローする

考古学者がインドで17万8000年前のものと見られる大量の道具を見つけた。論文は科学誌『Nature』に掲載された。

スプートニク日本

分析の結果チームは、道具が12万5000年前に起きたとみられる人類の「出アフリカ」より古くに作られたと仮定する。これまでのデータによると、道具は17万8000年前のもので、今日の研究者が考えているよりかなり早い時期、少なくとも13万年早くアフリカの「揺籃の地」を後にした可能性があることを物語っている。

関連ニュース

アステカ文明の宇宙模した聖地が発見 メキシコ

タグ
文化, 科学, 歴史, インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント