23:42 2018年11月20日
アルゼンチンで新種の恐竜が見つかる【アーカイブ写真】

アルゼンチンで新種の恐竜が見つかる

© Fotolia / Avanne Troar
文化
短縮 URL
0 20

アルゼンチン・ネウケン州で新種の恐竜の化石が見つかった。化石を発見したのはスペインとアルゼンチンの研究チーム。スペイン・サラゴサ大学の研究者らが発見内容を学術誌『Acta Palaeontologica Polonica』に掲載した。

スプートニク日本

論文によると、恐竜は1億1千万年前に生息していた。「Lavocatisaurus agrioensis」と命名された。長い首と尻尾を持つ4本脚の草食恐竜である竜脚下目に属する。

発見されたのは長さ12メートルの成体と体長6〜7メートルの若い個体の化石。

今回化石が発見された州で恐竜が見つかることは極めて珍しい。恐竜の時代には砂漠だった。

関連ニュース

幼い恐竜の小さな頭蓋骨から、成長過程を解明する手掛かりが見つかる

新種の恐竜 米で発見

タグ
考古学, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント