19:33 2018年12月15日
ピサの斜塔

ピサの斜塔 傾斜度が4センチ改善

© Depositphotos / Antartis
文化
短縮 URL
0 10

イタリアのピサの斜塔の傾斜度は過去20年で4センチメートル改善された。22日、ガーディアン紙が塔の状態を監視する調査グループの報告を引用して報じた。

スプートニク日本

世界で最も有名な鐘楼であるピザの斜塔は、緩慢ながらも着実にまっすぐになっている。塔の傾斜は、1993年から2001年の間にマイケル・ジャミオルコフスキー氏率いる国際委員会が塔の土台の強化作業を行った20年前の予測よりも4センチ分改善されていることが明らかになった。

ピサの斜塔は1173年の建設開始の時点ですでに傾いていたが、第2次世界大戦中に深刻な損傷を受け、1990年、修復作業の後、観光客の身の安全に危険性があることを理由に閉鎖されていた。2001年、塔は再び観光客に門戸を開いたが、その状態は特別委員会によって監視されている。

関連ニュース

ピサの斜塔が倒れない秘密が明かされる

ローマ観光名所「フォロ・ロマーノ」で壁の一部が崩壊

タグ
文化, 観光, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント