19:33 2018年12月15日
ブリュッセルでバンクシー展が押収

ブリュッセルでバンクシー展が押収

© Sputnik / Sergey Pyatakov
文化
短縮 URL
0 10

ベルギー首都ブリュッセルで著名な覆面ストリートアーティスト、バンクシーの作品58点が押収された。作品はベルギーのギャラリーに展示されていた。推定総額は1500万ユーロ(約19億円)。弁護士のスタニスラス・エスキナジ氏が伝えた。

スプートニク日本

エスキナジ氏は、裁判所に訴えを出したのは氏の顧客である、展覧会を企画したアートギャラリーの協会だと述べた。

実は、ギャラリーは作品を提供したドイツに登録する企業から、輸送と展示の権利を有すると説明を受け、展覧会の実施許可を受けていた。だが英国に登録した企業が今週、合意を出していないとして展示権に異議を唱えた。

調査の過程で、作品は適切な保険がかかっていないと判明した。

作品の保存に関する問題を避けるため、ドイツと英国の企業が自ら後に裁判所で解決するよう、ギャラリー側は作品の押収申請を決定した。

現在、バンクシー展は閉鎖中だ。

関連ニュース

バンクシー 『少女と風船』の自己裁断の仕組みを明かす

タグ
芸術, 欧州, 英国, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント