19:00 2019年01月20日
ソルジェニーツィン

目を拭き、心を洗ってください:ロシアの偉大な作家ソルジェニーツィン生誕100年

© AFP 2018 / Michael Estafiev
文化
短縮 URL
160

「目を拭き、心を洗い、あなたのことを愛している人たちを何よりも高く評価してください... 彼らを傷つけたり、咎めたりしないでください。彼らの誰とも喧嘩別れしないでください... もしかしたらそれはあなたの最後の行為となり、あなたは彼らの記憶にそのような人物として残るかもしれません」。これは作家アレクサンドル・ソルジェニーツィンの有名な作品『収容所群島』の一節だ。12月11日は、故ソルジェニーツィンの生誕100年にあたっている。ソルジェニーツィンの人生は、悲劇的であると同時に壮大でもあった。

スプートニク日本

ソルジェニーツィンは、第二次世界大戦を経験、日記でスターリンの政策を批判したのが見つかり、第二次大戦終結前に逮捕された。8年間収容所、流刑地で暮らした。1953年末にはガンが見つかった。その後、治療、回復、病院の印象を小説『ガン病棟』に綴った。1956年6月、ソ連最高裁判所の判決により、ソルジェニーツィンの「行動には犯罪構成要素が存在しない」として自由の身となった。

ソルジェニーツィン氏
© Sputnik / Lev Ivanov
ソルジェニーツィン氏

1962年に発表された小説『イワン・デニーソヴィチの一日』は、すぐさま多くの言語に翻訳され、ソルジェニーツィンの名は全世界に知れ渡った。スターリン体制下の収容所の大勢の元囚人たちが、自分の経験をソルジェニーツィンに送った。それが長編小説『収容所群島』の基盤となった。1970年、同作品などに対しソルジェニーツィンはノーベル文学賞を受賞したが、ストックホルムの授賞式には出席しなかった。

出国後に再入国を拒否されるのを恐れたのだ。そこでノーベル委員会はモスクワで授与することを決めたが、ソ連外務省はスウェーデン王立科学アカデミー事務総長への入国ビザ発給を拒否した。

1974年初め、『収容所群島』を外国で出版したことに対してソルジェニーツィンはソ連市民権を剥奪され、その後、米国に移住した。市民権が回復されたのは1990年。そして『収容所群島』に対して国家賞が授与された。1994年5月、ソルジェニーツィンは家族と一緒に祖国へ帰国した。現在、ソルジェニーツィンの作品はロシアの学校で学ばれている。ソルジェニーツィンの生誕100年を記念して、モスクワ市内のソルジェニーツィン通りには同氏の銅像が設置された。

タグ
文化, ソビエト連邦, 歴史, 文学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント