09:00 2019年03月20日
エトゥシュ氏エトゥシュ氏

ソ連・ロシアの国民的俳優、ウラジーミル・エトゥシュが死去

© Sputnik / Vladimir Astapkovich © Sputnik / Ria Novosti
1 / 2
文化
短縮 URL
0 01

ソ連人民芸術家でモスクワ・ワフタンゴフ劇場の突出した俳優、ウラジーミル・エトゥシュ氏が亡くなった。96歳。ワフタンゴフ劇場が発表した。

スプートニク日本

ウラジーミル・アブラモウィチ・エトゥシュ氏は1922年5月6日、モスクワで生まれた。1941年9月末には戦争の前線に志願。ソ連赤星勲章や多くのメダルを授与した。

演劇では30超、映画では40を超える役を演じ、多くの受賞経験を持つ。

レオニード・ガイダイ監督の国民的映画「コーカサスの女虜、或いはシューリクの新たな冒険」(1967)、「12の椅子」(1971)、「イヴァン・ヴァシリエヴィチ、転職する」(1973)で演じた役で広く知られる。上記の映画はソ連の名作映画となり、多くのロシア人に強く愛されている。

タグ
ソビエト連邦, 映画, 文化, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント