12:12 2020年04月01日
文化
短縮 URL
0 20
でフォローする

アイスランドの歌手ビョークがマイクロソフトの人工知能(AI)を使って作曲を行なった。Engadgetによれば、プログラムの特徴は天候に応じて曲が創作されるという。

AIは屋根に設置されたカメラを使い、外の様子を観察し、気圧や光、雨量、雲の形や流れ、鳥の動き、飛行機の通過などに反応し、気候条件に応じて楽曲を変化させる。

報道によると、合唱を構成する曲は絶えずニューヨークのシスター・シティーホテルのロビーで演奏されている。

関連ニュース

タグ
音楽, 人工知能
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント