14:46 2021年04月17日
文化
短縮 URL
0 21
でフォローする

2019年のまとめでロシアは文化遺産の密輸で世界1位となった。非合法な文化遺産の密輸に関するケースの58.5%がロシアだった。世界税関機構の年次報告を引用し「アートニュースペーパー」が明らかにした。

2019年、ロシアでは文化遺産の密輸に関連した133件の犯罪が発生したが、これは世界で発生したすべての事件の58.5%にあたる。ロシアへの文化品の輸入は32回、輸出は101回試みられた。

報告によれば、第2位となったのはウクライナ(14件)、以下はキプロス(10)、キューバ(7)、チリ(7)、また、ペルーやアラブ首長国連邦、サウジアラビアがそれぞれ3~4件だった。

ロシアがこのように上位を占めるのは今回がはじめてではない

タグ
ロシア, 芸術
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント