00:03 2021年09月26日
文化
短縮 URL
0 33
でフォローする

英国のストリートアーティストのバンクシー氏が、夏の休暇をテーマとした一連の路上作品の作者であることを認めた。今回の新作は、英サフォーク州とノーフォーク州のリゾート地で数多く描かれている。バンクシー氏が、インスタグラムで新作を撮影した動画を投稿している。

バンクシー氏の新作は、グレート・ヤーマス、ゴーレストン=オン=シー、クロマー、ローストフト、オールトン・ブロードで見つかった。同氏は、インスタグラムに新作を映した動画とともに「ア・グレート・ブリティッシュ・スプレーケーション」というフレーズを投稿している。「スプレーケーション」は、近場で休暇を過ごす「ステイケーション」とスプレーを掛け合わせた造語とみられ、このフレーズは英国人が新型コロナウイルスの影響で国外ではなく、国内旅行を楽しんでいる状況を指していると思われる。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Banksy (@banksy)

バンクシー氏が単独で活動しているのか、それとも志を同じくする人々の協力を得て活動しているのかは分からない。しかし、バンクシー氏は大量の機材を持ち歩き、ミニバンで英国の海岸を移動していたことは確かのようだ。

関連ニュース

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント