17:03 2018年05月28日
東京+ 25°C
モスクワ+ 14°C
    米学者:犬にとって食べ物より主人の方が大事

    米学者:犬にとって食べ物より主人の方が大事

    © Sputnik / Alexandr Kryazhev
    エンタメ
    短縮 URL
    0 120

    雑誌「Social, Cognitive and Affective Neuroscience.」に掲載された論文によれば、犬は、飼い主の愛撫や関心を得るために食べ物を拒否する力を持っており、この事は「人間の最良の友」と言われる彼らが、その名のとおり実際、飼い主を単に餌をただでくれる人としてだけではなく、強く人間に結びついていることを示している。

    米アトランタにあるエモリー大学のグレゴリー・バーンズ(Gregory Berns)氏は、次のように説明している-「我々は、犬は、食べ物あるいは人間との関係によって、我々との交流を強いられていると考えがちだ。しかし、我々の実験に参加した13匹の犬のすべては、主人に褒めてもらう方を良しとし、食べ物を拒否した。あるいは少なくとも、主人と食べ物を同等にみていた。正真正銘の食いしん坊といえたのは、2匹だけだった」。

    長い間、犬の主な目的は、食べ物を探すことであり、飼い主とは彼らにとって、食べ物を保証する人間だと見られてきた。しかし比較的最近、そうした考え方に批判が加えられるようになり、多くの心理学者や生物学者らは、人間との交流それ自体が、犬の生活にとって重要な役割を果たしているとみなしている。

    なお先の報道では、ロシアでは、犬がガンの診断に利用されているというものもあった。

    関連:

    ハワイで観光客向けレンタル犬開始へ、目的は飼い主探し
    米国、世界初の国際ドッグサーフィン選手権(動画)
    タグ
    学説, エンタメ, 動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント