02:18 2020年09月24日
エンタメ
短縮 URL
0 98
でフォローする

1952年に祖父が描いた地図によりポーランドのリュボメジ市(下シレジア)にドイツ人家族が財宝を見つけた。6日ポータルOnetが報じた。

二人の若いドイツ人がハンブルクから宝物を探しに来た。市のサイトでは、彼らの祖父は同市に一時期住んでおり、庭師としてそこで働いていた。街を出る前に貴重品を埋めたのだという。

青年らは近隣住民にシャベルを借りようとした。これを怪しんだ住民が通報。警察は許可が得られるまで作業を行うことを禁止。許可が下りると監視のもと発掘が行われた。

地図で示された場所から罅割れた瓶が出た。中には時計、宝石、19世紀のコインや1935年シガレットケースが発見された。現在は鑑定にかけられており、歴史的価値があることが判明した場合には地元の博物館に送られる。

関連:

地球最古の「文明」が名指される
旧聖書の原典が解読
タグ
災害・ 謎・発見・スキャンダル, ポーランド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント