17:21 2021年01月27日
エンタメ
短縮 URL
0 41
でフォローする

国際学者グループは、男性のいびきは性行為の長さに影響すると明らかにした。この研究をロシアメディアが報じた。

研究には20歳から45歳の男性が参加し、自らのパートナーとの関係と自らの性生活を率直に語り、診察を受けた。

明らかになったところ、睡眠中のいびきに悩まされている男性にはより長い時間の勃起が見られ、性行為中の彼らは他の参加者よりもややタフだ。

専門家によると、このような現象は、呼吸困難のために射精を司る脳細胞は、普通よりも遅く射精をする必要があるとの信号を得るためだと説明できる。

先に学者がセックス、夢そしてスポーツに最適の時間帯を特定した。

関連:

ロンドン地主、セックスと交換で住居提供
永遠の愛は存在する、研究者らが証明
タグ
学説, 科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント