06:18 2018年07月16日
レストランゴードン・ラムゼイ

なぜレストランでは「本日のおすすめメニュー」に用心する必要があるのか?

© 写真: Lachlan Hardy © AFP 2018 / Stephane de Sakutin
1 / 2
エンタメ
短縮 URL
170

有名な英国人シェフ、ゴードン・ラムゼイさんはインデペンデント紙で、レストランで食事する際の3つの「黄金則」を語った。

スプートニク日本

これがそのアドバイスです。

1) メニューの「今日の一品」にご注意

2) 騒々しい広告を信用しないで

3) ワイン交渉のご準備を

「今日の一品」という言葉は自明の理だとしてラムゼイさんは、「今日の一品は特別なものでなければいけません。もしメニューに今日の一品が10個も書かれていれば、それはすでに今日の一品ではなく、そこに特別なものは何もありません」と述べる。

2つ目のアドバイスでラムゼイさんは、「あの有名な」「伝説的な」「国内最高の」といった料理の説明を避けるように呼びかけ、「誰の評価なのでしょう?その料理を実際にそう評価しているのは誰か」と憤慨する。

3つ目の助言は、古びたラベルや他の欠陥があるワインのボトルをソムリエに頼むことを恐れる必要はないということ。ラムゼイさんは、「騙されると危ぶみ、ソムリエと話すことを私たちは恐れています」とした上で、「ボトルを探すよう頼んで、予算を挙げてください。大事なのは、30ドルを超えないこと」だとしている。

さらにもう1つの助言は、実際より多い人数で席を予約すること。

「より広い席で快適に座ることが出来て、隅の方に押し込まれることもありません。」

米中の研究者グループが白ワインまたはリキュールをたしなむ女性は顔の皮膚の問題に悩む頻度が高くなることを発見した。

タグ
食事
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント