06:43 2017年10月20日
東京+ 12°C
モスクワ+ 6°C
    江南スタイル

    「オッパ!なんじゃこりゃ…」 江南スタイルの黄金像に韓国人がブーイング【写真】

    © Depositphotos/ artyooran.gmail.com
    エンタメ
    短縮 URL
    2340641

    ソウルの江南地区に出現した「江南スタイル」の黄金の像。設置されてすでに半年になるが、地元民はどうもこれに馴染めないようだ。リアノーボスチ通信が報じた。

    スプートニク日本

    像の制作を担当したのは、おそらく韓国きっての現代アートの彫刻家だったのだろうが、設置されるや否や非難の的になってしまった。像は周囲の風景に馴染んだとはとても言い難く、しかもなんでまた2本の巨大な腕が絡み合っているのか、その意味も多くの人には理解できない。

    ソウル市の予算から引かれる像の総工費が4億ウォン(およそ35万ドル)になることが明るみになった段階で韓国人はもう、いきり立った。

    ​(「江南に江南スタイルの像が建てられるって。しかも4億ウォンもするんだってさ…。どういうこと??」)

    ​(「4億ウォンの江南スタイルの像~ ^.^)  それにしてもこりゃ、ひどい~ —.- 」)

    ​(「なんか悪魔を呼び招いているみたい…」)

    この像は「江南スタイル」をヒットさせたPsy氏の気にも召さなかった。

    江南地区に市の予算で像を立てることが決まったのは、私には非常に光栄だが、これはもう、行き過ぎだと思う。」Psy氏は最近のインタビューでこう打ち明けた。

    それでも江南スタイルの像は外国人ツーリストには人気を博しており、すでに観光スポットとなっている。

    When in Gangnam….#Gangnamstyle

    Публикация от sabbathdude (@sabbathdude) Окт 10 2017 в 7:03 PDT

    タグ
    文化, 音楽, 韓国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント