14:11 2018年05月27日
東京+ 25°C
モスクワ+ 14°C
    キコリキ

    ロシアアニメ映画、東京のアニメの祭典コンペ部門に出品 日本人の感想は

    © Sputnik / Ksenia Naka
    エンタメ
    短縮 URL
    0 60

    ロシアのアニメ映画「キコリキ:デジャヴュ」が国際アニメーション作品祭「東京アニメアワードフェスティバル2018(TAAF)」のコンペティション部門のノミネート作品に選ばれた。「リキ」社グループのディアナ・ユリノワ副社長(国際発展担当)がスプートニクに伝えた。なお、ロシア語でタイトルはキコリキではなく、「スメシャリキ(おもしろ丸)」となっている。

    スプートニク日本

    ユリノワ氏は「これは『スメシャリキ』に関する3本目の長編アニメーション映画です。最初の2本は多くのコンテストに出品し、賞を受賞しました。『キコリキ:デジャヴュ』は全く新しい映画です。これはフェスティバルデビュー作です。私たちの映画の日本デビューでもあります。日本市場は非常に複雑ですから。日本には自らのアニメーションがあり、非常に高い競争率です。私たちがフェスティバルで何よりも期待することは、配給会社が映画に関心をいだき、私たちの映画がこの国で配給されることです」と述べた。

    本作は時空旅行に旅立ったが、間違って様々な時代に行ってしまう登場人物たちの冒険を描いたもの。

    息子とともに上映に訪れた男性はスプートニクに「子供向けアニメに見えますが、これはまさに親が子供と一緒に見ても楽しめるような素晴らしい映画です」と述べた。

    30歳前後の男性は「文化の違いを感じました。面白かったです。そして珍しいキャラクターで、日本にあのようなものはありせん」と述べた。

    女性は「私もアニメーターで、勉強のため来ました。内容も素晴らしいですが、何よりも、うさぎが耳を動かす様子や恐竜の重みがいかに表現されているかに注目しました。この面が特に面白かったです。映画には20人ものアニメーターが携わったとか。素晴らしい作品をありがとうございます」と述べた。

    「映画はとても良いものでしたが、詳しくは授賞式の後でしか言えません。実は、審査員なんです」と、年配の日本人男性が表とリストに何かをメモして、印をつけてスプートニクに答えた。

    12歳の若きオーディエンスは「ただ面白かった。ユーモアがよかった」と述べた。

    この映画はTAAF2018で明日の11日まで公開されている。

    タグ
    アニメ, 露日関係, おもしろい, エンタメ, 映画, ロシア, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント