13:16 2018年07月19日
ビヨンセ

21世紀ヒットソング・ベスト100が発表【動画】

© Fotobank.ru/Getty Images /
エンタメ
短縮 URL
0 02

音楽雑誌「ローリングストーンズ」が21世紀のヒットソング・ベスト100を発表。

スプートニク日本

1位に輝いたのはビヨンセの「クレイジー・イン・ラヴ」(2003年)。

2位は映画『スラムドッグ$ミリオネア』(2008年)のサウンドトラックになった英M.I.A.の「ペーパー・プレインズ」。

3位は米ロックグループ「ホワイト・ストライプス」のヒット曲「セブン・ネイション・アーミー」。

「ローリングストーンズ」誌はロックミュージックに関する雑誌としては最も権威が高い。

関連ニュース

『火垂るの墓』、史上最高のアニメ映画に認定

時代を超えたスーパーヒーローの最優秀映画が発表

タグ
番付・ランキング, 文化, 音楽
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント