11:16 2018年09月19日
Clathrus archeri

世界で最も不気味なキノコ:「触手」を持ち、悪臭を放つ【写真】

© 写真: Bernard Spragg. NZ
エンタメ
短縮 URL
0 20

スッポンタケ科のキノコ(Clathrus archeri)は、「悪魔の指」と呼ばれている。

スプートニク日本

このキノコの外見が、宇宙モンスターのホラー映画の装飾にぴったりマッチするのも不思議ではない。

​キノコの原産地は、オーストラリアとタスマニア。その悪臭は、虫はひきつけるが、人間は「追い払う」。

​「卵」の段階では、灰褐色の球に似ている。この「卵」から、その触感が多孔質体のスポンジに似た、斑点のある3~8本の赤い色の「触手」が伸びる。

​関連ニュース

別の惑星から来たのか?奇妙な水中生物がネットで爆発的話題に

ベトナムでニシキヘビとムカデの壮絶な戦いが撮影される

タグ
写真, 自然
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント