01:16 2018年12月19日
プール

芸術作品の修復は慎重に モザイクを直したら描かれた人物が性転換【写真】

CC0 / Pexels
エンタメ
短縮 URL
0 02

ロシアのニージニィノヴゴロドのあるプールで修復作業を終えたプールがSNS上で激しい非難を浴びている。大掛かりな修復工事のせいで、プールに描かれた泳ぐ男性と空を飛び交うカモメのモザイクが壊れてしまったため、プール施設の指導部はこれをフレスコ画に変えてしまおうとしたのだが…。

スプートニク日本

修復されたフレスコ画はソ連時代の作品に似ても似つかない仕上がりとなってしまった。泳ぐ男性には女性の豊満な胸が現れ、脚は短くなり、頭は巨大になった。変わり果てたのはスイマーだけではない。その上を飛んでいたカモメも大変貌を遂げてしまった。

​「これはもうカモメなんかじゃない。羽の生えたアザラシだわ」と評したのは Lika90さん。

「スイマーだけど、これ整形に失敗だね。性転換しちゃったわけ?」とジョークと飛ばしているユーザーもいる。

「紋章の使用申請を出したらどうかね」と書いているのはヴャチャスラフ・レイデルマンさん。

「こういうの芸術っていうなら、ぶったたいてやるべきよ!」と書いているのはナタリア・ズナメンスカヤさん。

ロシアのマスコミ報道によれば、修復された絵はすでに塗りつぶされている。

関連ニュース

英国を象徴する建造物ビッグ・ベン、改修後は元の姿に

熱心になり過ぎ スペインで美術教師が16世紀の彫像を損傷

タグ
びっくり, おもしろい, エンタメ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント