07:19 2019年06月19日
突然変異の遺伝子が痛みを抑制 新たな鎮痛剤の開発に研究者が期待

突然変異の遺伝子が痛みを抑制 新たな鎮痛剤の開発に研究者が期待

CC0 / Pixabay
エンタメ
短縮 URL
141

痛みをほとんど感じない珍しい体質のスコットランド人女性を検査する中で、研究者たちは貴重な遺伝子を発見した。専門家たちは、この遺伝子を研究することで、多くの人たちを痛みから救う新しい鎮痛剤を開発できると期待する。英紙「ガーディアン」が報じた。

スプートニク日本

手術後にリハビリテーションを受けていたジョー・キャメロン氏(71)は、特異な体質で医師を驚かせた。彼女はほとんど痛みを感じず、手足の骨折や切り傷、火傷のほか、出産や複数回にわたる手術でも麻酔を必要としなかったからだ。さらにキャメロン氏は、平静さを失うということがない。キャメロン氏が運転する自動車がライトバンと衝突し、路上で横転した際も、彼女は壊れた車から降り、怯えているライトバンの運転手を慰めた。

​研究者たちは、キャメロン氏のDNAに、痛みと不安を抑制する2つの突然変異の遺伝子を発見した。研究者たちは、突然変異した遺伝子がどのように機能するかの理解を深め、その遺伝子を模倣し、鎮痛薬の代用となる遺伝子治療の創出を期待している。

この突然変異の遺伝子が、「人工の鎮痛剤から人々を遠ざけ、痛みを軽減するためのより自然な方法に道を開く」のに役立つならば、キャメロン氏は医師にどんなことでも協力するつもりだ。

関連ニュース

中国当局、ゲノム編集ベビーの誕生を確認

タグ
びっくり, 健康, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント