03:28 2020年02月24日
エンタメ
短縮 URL
0 50
でフォローする

ナショナルジオグラフィック・ロシアがフェイスブックに虹色に輝く雲(彩雲)を掲載したところ、ユーザーから大きな反響があった。

この写真を撮影したのは、ロシア人写真家のスヴェトラーナ・カジーナさん。カジーナさんは早朝、ロシアとカザフスタンの境に位置するベルーハ山で彩雲を撮影したという。雲はレースのように薄く、その高度の風は強かったため彩雲の模様は刻々と変化したとのこと。

科学者らによると、彩雲は太陽の光が雲に含まれる水滴を通り抜けるときに曲がったり、散乱することで起きるという。通常は巻積雲、高積雲、レンズ雲などで見られる。彩雲を見ると、その人に幸せが訪れるとの言い伝えが存在する。

関連記事

タグ
ロシア, 自然
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント