19:28 2020年08月06日
エンタメ
短縮 URL
0 41
でフォローする

2019年の最低映画を選ぶ第40回ゴールデンラズベリー賞が発表され、ミュージカル『キャッツ』が最低映画賞を受賞した。

最低監督賞も『キャッツ』のトム・フーパー監督が受賞した。テイラー・スウィフト、イドリス・エルバ、ジュディ・デンチ、イアン・マッケランなどのスターが出演した『キャッツ』は、その他にも最低脚本賞など計6部門を受賞した。

最低主演女優賞は、ヒラリー・ダフ(『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』)、最低主演男優賞は、ジョン・トラボルタ(『The Fanatic』、『ワイルド・レース』)。

新型コロナウイルスの影響で授賞式の開催はキャンセルとなり、受賞者の発表のみとなった。


ゴールデンラズベリー賞

ゴールデンラズベリー賞は1980年に創設された。米国を含む20カ国およそ700人の会員を持つゴールデンラズベリー財団が受賞作品を決定する。米国とカナダで公開された映画が対象となり、最低映画や疑わしい作品が選ばれる。トロフィーは、フィルム缶の上に金色のラズベリーを模したオブジェが置かれており、価格は5ドル未満だという。

タグ
びっくり, 映画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント