07:47 2020年10月22日
エンタメ
短縮 URL
0 11
でフォローする

英ランカシャー郡ハイトン在住の夫妻がそれぞれ自分用に宝くじ券を購入したところ、2人とも当選したことが分かった。英エクスプレス紙が報じている。

リズさんとロニー・クックソン夫妻は、郵便番号を対象とした宝くじ「ポストコード・ロタリー」の宝くじを購入。その抽選会の結果、夫妻が住むエリアの郵便番号が当選したことから、それぞれ3万ポンド(約409万円)の賞金を獲得することとなった。

クックソン夫妻と同じ郵便番号のエリアに住む匿名の男性もこの宝くじ券を購入したころから、同額の賞金を受け取ることになる。

クックソン夫妻はすでに26年間共に生活し、2人とも健康上の理由で仕事から引退して年金生活を送っている。獲得した賞金は家族で分け合う予定だという。リズさんは、「私たちには子どもが5人、孫が10人、ひ孫が1人。孫たちを甘やかすことが好きなので、孫たちの面倒をみたり助けていこうと思います」と語っている。

さらにクックソン夫妻は、この賞金で米カリフォルニア州在住の家族を訪ねることも計画している。リズさんは、「妹と甥っ子がカリフォルニアに住んでいるんです。いままでに2、3度遊びに行ったことはありますが、今はこうしてお金があるので本当に楽しく過ごすことができるでしょう。いままではその余裕がなかったのです。ラスベガスに行って賞金をそこで使いますよ」と今後の予定を明かした。

リズさんによると、夫のロニーさんが国内旅行をするためにキャンピングカーの購入を考えているという。リズさんはこの旅行について「スコットランドを探検してみたいのです」と語っている。

関連記事

タグ
宝くじ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント