21:35 2021年06月24日
エンタメ
短縮 URL
0 03
でフォローする

ロシアのサラトフ市で開催されたジュニアのアイスホッケー大会で、「アイスベルグ」と「オリンプ」の試合中に両チームが大乱闘となった。この騒ぎは「オリンプ」が反則をしたことで発生したが、試合に出場していたのは2009年生まれの選手たちだった。

乱闘が始まると両チームの選手たちはレフリーや親たちによって引き離された。

試合は6対3で「アイスベルグ」が優勢まま中止となり、同チームが大会で優勝を飾った。

関連ニュース

タグ
アイスホッケー, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント