07:28 2021年06月16日
エンタメ
短縮 URL
0 22
でフォローする

 米電気自動車大手テスラと宇宙開発企業スペースXを率いるイーロン・マスク氏の交際相手で歌手のグライムスさんが、ショート動画配信アプリTikTokで、人工知能 (AI) が共産主義の構築にどのように役立つかについて論じ、批判を浴びた。 

グライムスさんは「私には共産主義者たちのためのアイデアがあります。私が知っている共産主義者の多くは、AIの崇拝者ではありません。でもよく考えてみると、AIは共産主義への一番の近道です。(中略)誰も働かなくてもいいようにすること。すべての人に同じ環境、快適な生活が保障される。AI はすべての農業を自動化し、組織的な汚職をふるい分けることで、私たちをできるだけ早く最大の平等に近づけることができるでしょう。全体として、共産主義で誰もが愛するものすべてです。でも、集団農場以外です。だって、正直にお願いします、強制的な農業はイマイチだから」と論じた。

世界で最も成功したビジネスマンの 1 人で億万長者マスク氏の交際相手が共産主義についてポジティブに語るのを、SNSユーザーは奇妙に感じた。

ツイッターには以下のようなコメントが投稿された。

「グライムスがtiktokで共産主義について論じているが、彼女のボーイフレンドは資本主義のほぼトップだ。これに私は打ちのめされている。」

「グライムス: ある時、私はお金を味わい、そして社会主義のデタラメはすべて終わる

「私たちはすでに多くのことを自動化しているが、いまだに同じだけ、時にはそれ以上働かなくてはいけない、例えばあと150年間は。だから社会に根本的な変化が起こらなければ、あなたのボーイフレンドのような人たちは自動化のメリットの99%を横取りし続けて自分たちの数十億ドル(の資産)を増やすが、残りの人たちはどうやって何も得ずに働くというのか。」

その後、グライムスさんは、自分は共産主義者ではないことを明らかにし「これは冗談ですが、もしかしたらテクノクラート(技術官僚)と共産主義者は親しくなるかもしれない」とコメントした。

関連ニュース

タグ
イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント