07:24 2021年07月26日
エンタメ
短縮 URL
0 31
でフォローする

米フロリダ州の男性が家の掃除中に偶然に宝くじを発見。ところがそれは、なんと100万ドル(およそ1億1000万円)の当たりくじだった。

幸運の男性はジェクソンビル市に住むケンネット・モーガンさん(54)。突然の掃除は、7月4日の米国独立記念日を前に家の中をさっぱりさせておこうと思ったからだったが、その際にある引き出しを開けたところ、春に買ったっきり、すっかり忘れていた「パワーボール」のくじが出てきた。

「ナンバーをチェックしたら、100万ドルの当たりくじだったんだよ。未だに驚いたままだ」とモーガンさんは打ち明けている。モーガンさんは5つの白いボールの中にあるべき数字を全て予想できたという。4月17日の当選発表で聞いた番号をしっかり覚えていたからだ。

賞金はくじを買った本人だけでなく、当たりくじを売ったワインショップももらうことができ、1000ドルほどを受け取れるという。

関連ニュース

タグ
米国, 宝くじ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント