19:40 2021年10月17日
エンタメ
短縮 URL
0 80
でフォローする

米ハワイ州に住む9歳の少女が、37年前に日本人が海に流したボトルメッセージを発見した。メッセージの主は日本の小学校の理科クラブだった。UPI通信が伝えている。

エビー・グレハムさん(9)は家族とともにハワイアン・パラダイス・パークを訪れたところ、ビーチの泥に埋まっていた1本のボトルを発見した。エビーさんは宝物を見つけたと大喜び。両親はいたって冷静で、ただのゴミだと思ったという。

エビーさんは「2日後にそのボトルを開けたところ、中には日本からのメッセージが入っていた」と語る。メッセージは理科クラブのメンバーによって書かれたもので、日本語のほかに英語とスペイン語が併記してあった。

メッセージには「この瓶は日本海沿岸の町から1984年7月に流したものです」とあり、見つけた人は理科クラブに連絡するよう求めていた。瓶を海に流したのは海流を調べる目的のようだ。

エビーさんと家族は、まだ差出人と連絡が取れていないと語った。「ネットで探していますが、ウェブサイトは日本語なので何もわかりません。そこでメモをラミネート加工して、メッセージにあった小学校の所在地に送ることにしました」と父のジョンさんは語る。差出人は現在、50-55歳ではないかと推測している。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント