06:49 2021年09月23日
エンタメ
短縮 URL
0 13
でフォローする

仮想通貨「ドージコイン」を積極的に支持する米テスラとスペースXのイーロン・マスクCEOは12日、ペットの子犬(柴犬)の写真をツイートした。この子犬の名前はフロッキー。マスク氏のこのツイートは、ドージコインの急騰を引き起こした。

マスク氏が、フロッキーがマットの上で昼寝している写真を投稿したところ、仮想通貨「シバ・フロッキー」の価格は3時間で1300%も急騰した。その後、同コインの取引量は増え続けたが、70%下落した。シバ・フロッキーの価格は、ここ24時間で10万%上昇し、110万ドル(1億2100万円)を超えた。

マスク氏が子犬の名前をフロッキーにすると初めて発表したのは6月25日のこと。このツイートが投稿された当時は、同コインの価格はわずか9%しか上昇しなかった。当時、多くの人は名前の発表をジョークか、よくあるビットコインの宣伝だと思っていた。なぜなら、マスク氏はすでに、「ギャツビー・マスク」、「火星人マービン」という名前の犬を飼っているからだ。しかし、マスク氏は宣言どおり、今回フロッキーを一家に迎え入れたのだった。

スプートニクは以前、インターネット上のミームから生まれた仮想通貨「ドージコイン」が、マスク氏のツイートで世界的に人気になったことを報じた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント