15:05 2017年12月14日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    契約破棄;フランス「ミストラル」未供給のペナルティをロシアへ支払う

    契約破棄、フランス「ミストラル」未供給のペナルティをロシアへ支払う

    © AFP 2017/ Jean-Sebastien Evrard
    欧州
    短縮 URL
    0 110

    ロシアのウラジーミル・コージン大統領補佐官は「『ミストラル』に関するフランス側との交渉は終了した」と述べた。補佐官によれば、近く、フランスとの契約は公式的に破棄され、フランス政府はロシア側にペナルティ(違約金)を支払う。

    コージン大統領補佐官は「ロシア政府とフランス政府は『ミストラル』に関して合意に達した、2隻のミストラル級強襲揚陸艦供給に関する契約は、近く破棄される。双方は、フランス側がロシア側に支払う違約金の額について合意した」と伝えた。

    先にフランスのルドリアン国防相は「ロシアとの契約が不履行となった場合、フランス政府は12億ユーロ払わなくてはならないだろう」と述べている。

    2隻のミストラル級強襲揚陸艦の供給契約は、フランスの「DCNS/STX」とロシア国営武器輸出公社「ロスオボロンエクスポルト」との間で2011年に12億ユーロで結ばれた。しかし揚陸艦は、ロシア側には引き渡されなかった。フランス指導部が、ウクライナをめぐる状況を理由に、揚陸艦をロシアへ引渡さない決定を下したためだ。

    関連:

    仏大統領「数週間のうちにミストラル級強襲揚陸艦問題は解決」
    ロシア、「ミストラル」から教訓を得る
    ロシアとフランス、「ミストラル」の代金返還について合意に近づく
    タグ
    対露制裁, ミストラル, フランス, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント