18:35 2018年01月24日
東京+ 6°C
モスクワ-9°C
    「労働党は英国にとって脅威」と述べたキャメロン首相にロシア大使館 皮肉なコメント

    「労働党は英国にとって脅威」と述べたキャメロン首相にロシア大使館 皮肉なコメント

    © AP Photo/ Virginia Mayo
    欧州
    短縮 URL
    0 281

    駐英国ロシア大使館は、「新しく党首に選出されたコービン氏率いる労働党は国の安全保障上の脅威である」とのキャメロン首相の発言を、皮肉を込めてコメントした。

    13日、キャメロン首相は、英国の野党第一党労働党の新しい党首としてコービン氏が選出された事を受けて、自身のツイッターの中でコメントし「労働党は今や、我々の国家的安全保障、我々の経済的安全とあなた達の家族の安全にとって脅威となった」と書き込んだ。

    これに対し、駐英国ロシア大使館は、公式ツイッターアカウントの中で、次のようにコメントしたー

    「もしロシアの大統領が、ロシアの主要野党を国家的な安全保障上の脅威だなどと呼んだら、一体英国の新聞はどんな見出しで、それを報道するか、ちょっと想像してみてください。」

    一方ロシアのアレクサンドル・ヤコヴェンコ駐英大使は、ツイッターを通じて労働党のコービン新党首にお祝いのメッセージを送り、その中で「二国間関係を含め、話し合いが良い方向へと変わるよう期待します」と伝えている。

    タグ
    デーヴィッド・キャメロン, ロシア, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント