00:11 2018年07月20日
前フランス大統領で野党「共和党」の党首を務めるサルコジ氏

サルコジ氏:フランスは自国の国境を自ら管理しなければならない

© Sputnik / Igor Liliev
欧州
短縮 URL
241

前フランス大統領で野党「共和党」の党首を務めるサルコジ氏は、新たなシェンゲン協定が適用されるまで、フランスは自国の国境を管理する必要があるとの考えを表した。

サルコジ氏は、フランスはEUの利点と未来を信じているが、「共和党」は、今は存在していないEUの対外国境の保護が保証されなければEU域内の国境を撤廃する用意はなく、その名に値する「シェンゲン2」が導入されないうちは、フランスが自らその国境管理を行うことを求めると述べた。

サルコジ氏はまた、EU域内の移動の自由に関する原則は、欧州市民にのみ適用されるべきだと強調し、「我々が信じる欧州における欧州市民の移動の自由は、欧州市民ではない人々の欧州大陸における移動の自由に適用されるものでは決してない。別の言い方をすれば、欧州市民には欧州で自由に移動する権利があるということであり、これは欧州市民ではない人々にも同じ権利があるということを意味しているわけではない」と述べた。

タグ
EU, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント