12:33 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 11°C
    ドイツの墓地で難民が79歳の女性を暴行

    ドイツの墓地で難民が79歳の女性を暴行

    © Fotolia/ Sondem
    欧州
    短縮 URL
    0 135247

    アフリカのエリトリアからの難民がドイツの町イッベンビューレンの墓地で年金受給者の女性を暴行した。

    被害者の女性(79)は亡くなった姉の墓参のため地元の墓地に訪れ、襲われたと報じられている。たまたま通りかかった人が助けを呼ぶ叫び声を聞きつけ警察に通報したという。

    容疑者はアフリカ系の40歳の男性で、13年にドイツに来た。現在容疑者は拘留されているという。自白した場合、懲役15年だと見られている。

    被害者には必要な手当てが施され、その後退院した。

    難民によるドイツ人女性暴行事件はこれが初めてではない。

    新年に連続して起きた事件に関連してケルンだけですでに少なくとも516人の女性が警察に被害届を提出している

    タグ
    移民, ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント