01:56 2017年12月12日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    トルコ オランダとの高官レベルの関係停止へ

    トルコ オランダとの高官レベルの関係停止へ

    © AFP 2017/ Adem Altan
    欧州
    短縮 URL
    2111

    トルコ政府は13日、オランダとの「高官レベルの関係」を停止する方針を示した。トルコのチャブシオール外相のオランダ入国禁止以降、両国の関係が悪化しているのを受けたもの。クルトゥルムシュ副首相が発表した。CNNが報じた。

    スプートニク日本

    一時的に出国している駐トルコ・オランダ大使の再入国も認めない模様。

    チャブシオール外相はオランダ西部ロッテルダムで政治扇動的な演説を予定し、入国を試みたが、オランダ当局が搭乗機着陸の許可を出さなかった。

    続いてトルコのカヤ家族社会政策相がオランダのトルコ総領事館入館を試みたが、当局に阻止され、ドイツへ出国させられた。

    チャブシオール外相は13日、CNNのインタビューを受けて、自身がテロリスト扱いされた理由と、トルコ人がテロリストなのか、に対して疑問を呈した。オランダ側が述べた治安上の問題への具体的な説明はなかったと指摘。

    さらに、オランダ含む欧州諸国で人種差別、イスラム、外国人嫌いの潮流が強まっていること、トルコの憲法改正への動きを欧州諸国が「妨害」を試みていると主張した。

    チャブシオール外相の訪問拒否を受けて、トルコのエルドアン大統領はオランダ政府をナチスに例えた。オランダのルッテ首相はこの発言を強く非難した。

    オランダのクーンデルス外相は13日、CNNのインタビューを受けて、国民投票に向けてトルコ政府のメンバーが現在オランダでキャンペーンを行うことはできないと述べた。

    またロイターによると、ルッテ首相は両国の間で燃え上がったスキャンダルを背景にトルコが採った外交的制限措置は不適切だと発言した。

    タグ
    オランダ, トルコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント