18:38 2018年07月17日
仏大統領選挙の候補者が発表

仏大統領選挙の候補者が発表

© Flickr/ Parti socialiste
欧州
短縮 URL
141

11人の候補者がフランス大統領選挙に出馬する。ローラン・ファビウス憲法院院長が18日の記者会見で、11人の候補者が大統領選挙出立候補のための最低推薦人数である、中央・地方議会議員500人を集めたとの旨を発表した。

スプートニク日本

くじによる決定に則り、候補者はこれから次の順番でリストに並ぶ。

ニコラ・デュポン=エニャン氏、 マリーヌ・ル・ペン氏、 エマニュエル・マクロン氏、 ブノワ・アモン氏、 ナタリー・アルトー氏、 フィリップ・プトー氏、ジャック・シュミナド氏、ジャン・ラサール氏、 ジャン=リュック・メランション氏、フランソワ・アスリノー氏、フランソワ・フィヨン氏。

ファビウス氏は、61の候補者に対して推薦が届き、うち27人が10票以上を獲得、推薦は全部で1万4300票だったと指摘。

先の報道では、フランス大統領選挙の第1回投票の支持率で、エマニュエル・マクロン前経済相が初めて、国民戦線のル・ペン党首を上回った。

タグ
選挙, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント